home

おしゃべり阻止 体験版を公開

 スピーチ・ジャマーは、産総研の栗原一貴研究員(34)と科学技術振興機構の塚田浩二さきがけ研究員(35)が開発した話し相手の過度のおしゃべりを阻む装置。

 「体験版」ソフトは、産総研ホームページで受賞を報告したページからダウンロードできる。使うにはマイク付きの無線ヘッドホンが必要。発声すると、自分の声が0.2秒遅れて耳に届き、脳が混乱して話しにくくなる。

デメリット<治療時間>

インプラントのデメリットの一つに「治療時間の長さ」があります。現在のインプラント治療が普及し始めてから40年以上が経ち、治療時間の短縮についての研究についても行われ続けてきました。その結果、近年では「即日インプラント」と呼ばれるものも出てきています。
しかし、インプラント治療の根本には、“人工歯根と歯槽骨の定着”があり、即日インプラントにおいても、その事に違いはありません。
上記のように、インプラント治療の要は“人工歯根と歯槽骨の定着”です。現在、インプラントの素材として、ほとんどが純チタンやチタン合金が使用されていますが、この素材が、現時点で最良の素材として普及しているのが、人体に対する安全性と歯槽骨との定着作用がある為です。
骨折時などの、天然の骨同士でも、ある一定以上の強度が出るまでに治癒時間がかかります。同様に、人工歯根と歯槽骨の定着にも治癒時間がかかり、2回法のように、手術を2回に分け、治癒時間を取っているのは、人工歯根が確実に定着してから人工歯冠の取り付け手術を行う方法を取っている為です。
1回法や即日法の場合は、1度の手術で人工歯根の埋設と人工歯冠の取り付け(または人工歯根と人工歯冠が1体になっているものを使用)を行う方法です。
どの方法でも、一般的には手術当日から、食事をとる事(食べ物を噛む事)が出来ます。これは、治癒期間中でも、仮歯を使用することなどにより可能になってきますが、実際には、定着がなっていない(不十分)な為、強く噛むなど、無理な圧力をかけることは出来ません。
手術前には、医師からの説明があるはずですが、例え即日インプラントであっても、通常の生活に支障はありませんが、人工歯根の定着には時間がかかる為、その治癒機関中は、歯に負担をかけないように気を付ける必要があります。

タッキー 3年ぶりドラマ出演

 近年は舞台での芝居が多かった滝沢にとって、09年のTBS系主演ドラマ「オストロスの犬」以来のドラマ出演。3年ぶりの“ドラマ復帰”を名優・渡がサポートする。

 2人は08年放送のテレビ朝日系「告知せず」で共演しており、滝沢は俳優の大先輩としてだけでなく、人間としても渡を尊敬していた。

 ドラマは元警官の私立探偵が依頼された仕事を解決しながらも、15年前に佐伯の姉をレイプ殺害した犯人を追いかけていくサスペンス。滝沢は私立探偵・佐伯修一、渡はその上司で探偵事務所所長・木暮正人を演じる。木暮(渡)が、佐伯(滝沢)に静かな会話の中で捜査のヒントを与えるなど、2人のシーンが物語のキーポイントとなる。

 滝沢は「テレビドラマでの役者・滝沢秀明をお届け出来ることを大変うれしく思います。また、役者としても尊敬している、渡哲也さんとの久々な共演も今から楽しみです」と10月初旬のクランクインが待ち遠しい様子。「このドラマは人間の心の奥底にいる感情を表現する人間模様を描きます。繊細なお芝居で皆さんに楽しんでいただきたい」と熱演を誓っていた。

 ほかに戸田恵子(55)、要潤(31)、大杉漣(60)、奥田瑛二(62)らが出演。

News






Copyright © 最新治療法インプラントのデメリット<治療時間>, ALL rights reserved.